任意売却・リースバック

住宅ローンのお悩みを解決
~任意売却・リースバック~
[ private/ ]

住宅ローンを滞納し続けると、借入先の金融機関は債権を回収するため、物件を「競売」にかけます。しかし競売にかけられる前なら、より有利な解決策として「任意売却」や「リースバック」という選択肢があります。

「任意売却」は、競売になる前に金融機関との合意のうえ、少しでも良い条件で物件を売却しようとする手続きです。また「リースバック」では、第三者に物件を買い取ってもらってから、賃貸借契約を結び、賃料を支払いながら住み続けることができます。

さらに任意売却とリースバックとの併用によって、ローンを支払えなくなった物件に住み続けられる可能性も生まれます。函館市の不動産会社「蒲生商事」では、ローン滞納でお困りの方、お客様に最適な解決法をご提案します。

任意売却とは

任意売却とは

住宅ローンを利用して購入した不動産には、金融機関によって抵当権が設定されています。ローンの支払いが滞ってしまうと、債権者である金融機関は裁判所を通して物件を売却し、その売却代金から住宅ローンの残債を回収しようとします。これが「競売」です。

競売にかけられた場合、物件所有者の意思はまったく反映されません。市場価格よりもかなり低い価格で売却され、残債は多く残ってしまいます。競売で落札されてしまうと、強制退去を迫られることも。手元にお金は残らず、その後の生活再建の見込みも立ちにくいです。

「任意売却」は、不動産が競売かけられる前に、債権者との調査・交渉を行い、合意によって物件を売却する手続きです。競売と異なり、市場での売却を目指すため、適正価格での売却につながります。近隣住民にローン滞納を知られることもありません。

任意売却のメリット

任意売却のメリット

任意売却のメリット

任意売却は市場での売却を目指すお取引のため、市場価格よりも安く売却される競売に比べて、一般的に高く売ることができます。物件を高く売却できれば、ローンの債務を大きく減らせますので、その後の生活再建につなげられます。

また、裁判所主導で進む競売では、引っ越し費用などを残すことはできず、引っ越し時期も交渉できません。これに対して任意売却では、債権者から同意を得られれば引っ越し代金を残したり、引っ越し時期を調整したりできる可能性もあります。

任意売却の流れ

【1】ローン滞納に関するご相談
ローン支払いについてお困りのお客様は、お電話(0138-83-6691)またはお問い合わせページからご相談ください。お客様とご相談のうえ、ご訪問(現地調査)のスケジュールを決めさせていただきます。任意売却についてご不明な点やご不安な点がありましたら、お気軽にお話しください。

【2】現地調査・査定
お客様とお約束した日時にご訪問させていただき、現地調査を行います。ご近所の方に知られないように、プライバシー厳守で行いますのでご安心ください。

【3】査定額の提示・媒介契約の締結
現地調査の結果や市場の動向などを踏まえ、査定額を提示します。また任意売却についても丁寧にご説明しますので、ご不明な点は納得いくまでお尋ねください。査定額や売却方針にご納得いただけましたら、当社と媒介契約を結んでいただきます。

【4】債権者や連帯保証人との交渉
債権者に任意売却を認めていただけない場合、任意売却はできません。また連帯保証人からの許可も必要です。これらの許可手続きについては、当社が真心こめてサポートいたします。

【5】販売活動の開始
通常の不動産取引と同様に販売活動を行います。

【6】売買契約の締結
買い主様が見つかりましたら、価格や引き渡し時期など諸条件の調整を行い、合意にいたったら買付証明を発行してもらいます。これは、その不動産を購入したいという意思を示す書類です。
買い主様に発行してもらった買付証明をもとに債権者との交渉を行います。債権者との交渉がまとまれば、買い主様と売買契約を締結します。

【7】物件引き渡しの準備
不動産の引き渡し準備や引っ越し準備を行います。住宅ローン残債の返済や、物件差し押さえの取り下げ、抵当権抹消手続き、所有権移転手続きなど、様々な手続きがありますが、当社が丁寧にサポートさせていただきます。

【8】残金受け取りと物件引き渡し
買い主様から残金を受領し、物件の鍵をお引き渡しいただくことで、物件の引き渡し完了となります。

任意売却なら、蒲生商事にお任せください

「住宅ローンの返済に遅れが出ている」「任意売却を検討しているが専門知識がなくて困っている」「実績豊富な業者に任意売却を任せたい」という方、ぜひ蒲生商事にご相談ください。当社は地域密着型の不動産会社として地域で活躍する専門家ネットワークを活かし、スムーズな問題解決のご提案につなげています。函館に根差した会社として、地域の皆さまがじっくりご相談いただける環境を整え、プライバシー厳守で売却を進めますので、ぜひ当社にお任せください。

リースバックとは

リースバックとは

リースバックは、マイホームをいったん第三者に売却したうえで、購入した第三者と賃貸借契約を結び、賃料を支払いながら住み続ける方法です。

「ローンを返済できず家を手放すしかない」とあきらめている方でも、リースバックによって家を売却しても住み続けられる可能性があります。ローン滞納でお困りの方は、一度当社までご相談ください。

リースバックのメリット・デメリット

リースバックのメリット

リースバックのメリット

ローンの支払いが厳しくなったり、一時的にまとまったお金が必要になったりしたとき、リースバックを選択すると生活資金を得られます。任意売却でも生活再建につながりますが、リースバックのさらなるメリットは、そのまま自宅に住み続けられる点です。

もちろん、購入者に賃料を払い続ける必要はありますが、周囲の人に知られることはありません。通勤や通学などにおいて、生活の拠点を変えなくて済むのは、ご家族全員の大きなメリットにつながります。

リースバックのデメリット

リースバックのデメリット

リースバックにおけるデメリットは、リースバック物件を購入してくれる買い主様が見つかるまで時間を要する点です。また、売却後に賃料を滞りなく支払い続けられるか、物件を買い戻す期限までに新たな購入資金を用意できるかなど、総合的な判断も必要になります。

なお、リースバックにおける売却価格が、通常の仲介売却よりも安くなる傾向がある点も注意しましょう。売却価格がローンの残債額を下回ってしまうと、ローンを完済できず、金融機関などの債権者は抵当権の抹消を認めてくれません。

リースバックの流れ

【1】ローン滞納に関するご相談
ローン支払いについてお困りのお客様は、お電話(0138-83-6691)またはお問い合わせページからご相談ください。お客様とご相談のうえ、ご訪問(現地調査)のスケジュールを決めさせていただきます。リースバックについて丁寧にご説明しますので、ご不明な点やご不安な点がありましたら、お気軽にお話しください。

【2】現地調査・査定
お客様とお約束した日時にご訪問させていただき、現地調査を行います。ご近所の方に知られないように、プライバシー厳守で行いますのでご安心ください。

【3】ご提案
現地調査の結果や市場の動向などを踏まえ査定額を調整し、売却価格や賃料などをご提案させていただきます。さらに、当社のネットワークを駆使して、最適な条件でお取引していただける買い主様をご紹介させていただきます。

【4】売買契約と賃貸借契約の締結
ご提示させていただいた条件で同意いただけましたら、買い主様と売買契約および賃貸契約を締結します。当社が中立な立場で契約書をご準備し、契約までサポートさせていただきますのでご安心ください。

【5】代金の受け取りと賃貸契約の開始
契約を締結後、売買代金を受領します。住宅ローンが残っている場合には、残債の返済とともに抵当権抹消手続きも行います。同時に賃貸契約がスタートし、お客様は今のお住まいに住み続けながら、新たな生活をスタートできます。

リースバックなら、蒲生商事にお任せください

任意売却後も住み続けられるリースバックですが、もっとも難しい点は、リースバック物件を購入してくれる買い手が見つかるかどうかです。当社は地域密着型の不動産会社として、充実したサポートと地域ネットワークにより、お客様に最適な買い手を見つけてまいります。

当社にはローンに詳しいスタッフもおりますので、ローン返済や今後の買い戻しのための資金計画についてのご相談も可能です。ローン滞納でお困りの方、お客様に最適な解決法のご提案を行いますので、安心して蒲生商事へご相談ください。