相続/別荘・収益物件・
店舗などの売却

相続/別荘・収益物件・店舗などの
売却でお悩みの方へ
[ any/ ]

遠方にある不動産の相続や収益物件の運用、運営店舗の閉店など、不動産の取り扱いに困るケースは誰にでも起こり得ます。その際、不動産を所有し続けるべきか、あるいは思い切って処分すべきかは、容易に判断できるものではありません。

函館市で不動産売却に携わる「蒲生商事」では、相続した不動産でのお困り事や別荘・収益物件・店舗などの売却にともなうご相談も承ります。プライバシー厳守でお話をおうかがいしますので、安心してご相談ください。

相続した不動産を放置するリスク

相続した不動産を放置するリスク

親から相続した実家などの取り扱いに困り、空き家のまま放置するケースが見受けられます。持ち主様にとって思い出深い家ですから、簡単に処分できないのは当然でしょう。しかし、空き家を放置することは、様々なリスクにつながります。

誰も住んでいない家とはいえ、周囲に悪影響を及ぼさないよう、樹木の伐採や雑草の除去などの定期的な管理は必要です。空き家にはこうした維持費のほかに、毎年の固定資産税も課せられます。遠方の場合、交通費も大きな負担になるでしょう。

さらに、適切に管理されていないまま空き家を放置し続けると、「倒壊の危険性がある」として、行政から「特定空き家」に指定されてしまうことも。そうなると撤去命令や、固定資産税の減免がなくなるなどのデメリットが生じます。

大切な不動産が、相続したご家族だけでなく、地域社会にとっても負担とならないように、早めの対策が必要でしょう。

相続した物件を売却するメリット

相続した物件を売却するメリット

相続した不動産を売却する一番のメリットは、資産を現金化できることです。とくに相続人が複数いる場合など、不動産の分配は簡単ではありません。現金化することによって、財産を分配しやすくなります。

また、おもな遺産が不動産で、現金などの金融資産が少ない場合、相続税の支払いが困難になることがあるかもしれません。そうした場合も、不動産を売却することで、相続税の支払いに充当し、残った金額を相続人で分配することが可能になります。

活用予定のない不動産を所有し続けると、将来的に物件の価格が下がるリスクも引き受けなければいけません。また、相続した本人だけでなく子や孫の世代にとっても、活用予定のない不動産の管理は負担となる可能性が高いです。

将来的な負担を減らすためにも、活用の予定がない不動産は売却するほうが得策である可能性があります。当社では、ご家族様の状況に応じた最適なご提案を心がけています。ご家族様の思いを第一に考えた提案を行っていますので、お気軽にご相談ください。

相続時の売却なら、蒲生商事にお任せください

当社では売却した不動産の残置物の処理をお手伝いしたり、残置物の家具や床材をリメイクして転用したり、蚤の市を行ったりといったご提案も行っています。また、お客様にとって思い出の詰まった建物は、ドローンを使用して全景や斜め上方からの姿を記録することも可能です。

蒲生商事では函館を離れた方へのサポートなど、これまで積み重ねてきた豊富な実績を生かし、きめ細かなサービスのご提供を行っています。相続した不動産に対するお客様の気持ちに寄り添った売却のご提案が可能ですので、安心してご相談ください。

別荘・収益物件・店舗などの売却について

別荘売却について

別荘は利用していなくても管理費や維持費、固定資産税などの経費が必要です。使用機会の減った別荘の活用法に悩んでいる場合は、思い切って売却してしまうのもひとつの解決方法でしょう。こちらでは別荘売却に関するポイントをご紹介します。

別荘売却のポイント

別荘売却のポイント

様々なケースが存在する別荘でも、売却のポイントを押さえれば希望価格で売却出来る可能性が高くなります。

利便性が高い土地にあり、普段使いできるスタンダードな別荘は売却しやすい傾向があります。しかし、蒲生商事であれば、たとえ個性の強い別荘であっても「その物件にしかない個性」にスポットを当てた紹介をすることで、買い主様を見つけます。

また不動産の売却には適した時期があります。放置して老朽化が進んでしまうと、いっそう売りづらくなっていきます。管理費用や毎年かかる税金のことを考えると、活用の予定がなければ、早めの売却がよいでしょう。

マンションタイプの別荘の売却

函館は風光明媚で食べ物もおいしく、全国から人気を集めるエリアのひとつです。さらに函館では、景観を守るための条例によってマンション建設について様々な制約があり、マンションの販売戸数は限られています。

つまり函館でマンションを購入したいと探している方にとって、売りに出されるマンションは価値のある物件。最適な買い主様を見つけることさえできれば、お客様のご希望に沿って、マンションを売却できます。

収益物件売却について

収益物件を少しでも高く売るためには

収益物件の売却は、通常のマイホームの売却とは異なり、「利回り」によって大きく左右されます。築古のアパートでも入居率が高く、定期的に賃料が入るのであれば、利回りの高い物件になります。利回りの高い収益物件なら、高く売ることが可能です。

また、不動産には相場があり、相場から大きく離れた価格で売れることは珍しいです。相場からかけ離れた高い査定額での売出しは避けたほうが無難です。当社では、地域の相場を熟知し、適正な査定額をご提示しております。

収益物件売却においては、高く売ることに加え、早く売ることにこだわることも重要です。不動産は時間が経てば経つほど、売れ残り物件と判断され、買い手がつきにくくなります。売却のスピードも意識してご提案させていただきます。

収益物件の売却タイミング

どんな物件にも共通しているのは築年数です。マンションは築5年を過ぎると価格が下がり始め、築20年を超えると横ばいになっていきます。一般的には築6年~15年程度が、マンションの売却に適した時期と考えられます。

加えて、大規模修繕を実施する時期を考慮し、大きな費用をかけずに売却するタイミングを検討することも重要です。

また、物件が満室の状態であれば、比較的早く売却できる可能性がありますが、空室率が高い状況の場合、売却は容易ではありません。満室の状態にして売却するのがベストですが、函館市の発表によると、年々市の人口は減少しており、函館の収益物件の空室が増えている状況です。

入居率や利回りとは別の側面で、一般的には査定価格は物件の購入から時間がたつごとに下がっていきますので、早期に売却するのがおすすめです。

当社では収益物件の買い主様を多く紹介できますので、お気軽にご相談ください。他社で成約にいたらなかった物件についても査定のやり直し、広告内容の改善等を行うことで条件の合う買い主様をお探しします。長期間売れない収益物件は、価格が物件の価値を上回っていることが考えられます。当社では物件の価値と価格のバランスを考慮して、ベストな価格と広告で売り出すことが可能です。

店舗売却のポイント

店舗売却のポイント

店舗売却は、新たなスタート地点として戦略的にとらえることもできます。単に「店を閉める」だけでなく、「居抜き売却」「業務委託」「業態転換」など、様々な方向転換の可能性があります。無理な状態で経営を続けるよりも、できるだけコストを抑えて今後につながる前向きな売却を目指したほうが、メリットが大きいでしょう。

高く店舗を売却できるかどうかは、買い主様をいかにすばやく見つけられるかにかかっています。当社は地域ネットワークを大切にした不動産会社であり、「自分のお店を持ちたい」とおっしゃっているお客様も多くいらっしゃいます。

希望条件に近い方と上手くマッチングできれば、店舗の有効活用につながります。また売却ではなく「賃貸」という選択肢も。店舗の活用についてお悩みの方は、一度当社へご相談ください。最適なアドバイスをさせていただきます。

居抜き売却について

居抜き売却について

店舗の売却をお考えの場合、まずおすすめしたいのは「居抜き売却」です。居抜き売却とは、店舗の設備や内装をそのままの状態にして売却し、既存設備の中から使えるものはそのまま新しい買い主様に有効活用していただく売却方法です。

業種が同じ買い主様であれば、初期費用を大きく抑えられます。また、売り主様としては物件を解体する費用などが不要となり、手元に多くお金を残せるだけでなく、廃棄物を減らすことにもなります。

なお、居抜き売却の際は、譲渡する設備の中にリース品が含まれていないかどうかを確認する必要があります。リース品が含まれている場合は、リース会社に返却するか、リースの残債を完済してから買い主様に引き渡すとよいでしょう。

居抜き物件の中の設備は中古で引き渡すことになるため、引き渡し前の動作確認も重要です。気になる点は、あらかじめ買い主様に伝えるようにしましょう。隠したまま売却すると、売却後のトラブルの原因になることもあります。

別荘・収益物件・店舗の売却なら、蒲生商事にお任せください

対象となる不動産の種類によって、売却のアピールポイントは異なります。蒲生商事ではこれまで積み重ねてきた豊富な実績を生かし、別荘や収益物件、店舗など、それぞれの特徴に合った売却プランをご提示できます。函館を離れた方へのサポートも可能ですので、安心してお任せください。